フジタは大丈夫か?

JR島本駅西側の開発(「街づくり」)をすすめるJR島本駅西土地区画整理準備組合の事務局を担っているのは準ゼネコンのフジタです。
そのフジタが、最近、相次いで反社会的問題を引き起こしてマスコミで報道されています。
報道の見出しを見ると「フジタ社員ら2人を容疑で逮捕 道路工事で 兵庫県警」( 毎日2018年6月28日)、「公取委、フジタに排除措置命令 農水省にも申し入れ 農政局OBから入札情報不正入手](サンケイ 2018年6月14日 )などです。

JR島本駅西土地区画整理準備組合の事務所が開設されたのは平成29年4月です。事務所は島本町桜井1丁目11-15 エスポアールミード102号(電話・075-754-787)で、同組合のホームページ開設は29年10月です。
組合発行の「まちづくりニュース」は平成29年10月の5号が発行されてから途絶えています。また、ホームページの更新も2018年01月09日以降更新されていません。ニュースで伝えるような活動をしていないということでしょうか?

町民の中からは、「準備組合の運営がブラックボックス。もっと資料や活動内容を公開すべき」「3万町民の将来に係る島本町の『まちづくりを、このような『事件』を引き起こし、社会的批判を浴びるフジタに任せて大丈夫か」などの声が上がっています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shiamotokakusan

Author:shiamotokakusan
大阪府の端っこ、島本町の「今」を発信します。

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR