諏訪神社(尺代)も正月近し

DSCN0177 (640x360)

尺代の諏訪神社では正月用の門松が立てられました。
この門松は、尺代の長老、大西洋三さんが毎年作られているもの。
大西さんは「もう歳やから、作るだけ。前は立てることも手伝っていたが、もう神社までの坂を上るのも大変やから」と。
新年の1月6日には、恒例の御頭渡し(御頭祭)が行われます。
一年の無事と五穀豊穣を願って弓射神事(大蛇に見立てた大注連縄の的に矢を射る)の後、大注連縄で綱引きが行われます。
※門松の葉牡丹に網掛けがされているのはアライグマの食害から守るため。(去年食べられた)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shiamotokakusan

Author:shiamotokakusan
大阪府の端っこ、島本町の「今」を発信します。

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR