名神の老朽化

DSC03333 (640x360)

写真は、東大寺4丁目の第2小学校北東の名神高速道路の側壁で、ひび割れが目立ちます。
名神が開通したのは1963年(昭和38年)、既に築50年が経過し相当な老朽化が進んでいます。
ここから水無瀬川を越えた国土交通省管轄の「緊急土砂置き場」に、新名神の(高槻市)梶原―成合間のトンネル工事残土の搬入ルートを設定する「計画」があります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shiamotokakusan

Author:shiamotokakusan
大阪府の端っこ、島本町の「今」を発信します。

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR