共謀罪法案強行採決許さない!行動

o0960054013958749328.jpg

共謀罪法案について、自民・公明・維新は、委員会審議を打ち切り、参院本会議で中間報告をして、すぐ採決という、国会運営のルールを無視した暴挙にでています。
このような緊迫した国会情勢に呼応して、14日の夕方、「戦争させない!高槻・島本実行委員会の島本メンバー10数人が水無瀬駅前で、共謀罪の強行採決反対行動を行いました。
国会前や全国で大きな抗議と廃案を求める行動が行われています。国会内では、民進・共産・社民・自由・沖縄の風の各党は共同で、徹底審議を強く求めて、審議打ち切り、採決強行の暴挙に反対し、あくまでも廃案をめざして頑張っています。
「審議をすればするほど、「テロ対策にはならない」「一般市民も対象になる」「内心の自由が侵害され、監視社会になる危険性」が明らかになっています。政治を動かすのは私たち一人一人です。「監視社会反対!法案は廃案に!」「民主的な国会運営を!」の声を上げ続けましょう。」(実行委員会の訴えより)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shiamotokakusan

Author:shiamotokakusan
大阪府の端っこ、島本町の「今」を発信します。

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR