町立キャンプ場 土手の改修はされたが

DSC00491 (640x360)

昨年9月の大雨で、大沢の町立キャンプ場は登坂道との境の(土手)法面が崩れるという被害が発生しました。
今年のシーズン前(3月)に崩れた個所の改修工事(左の石積み・コンクリート部)が終わっていましたが、先般の雨によって、法面下の道に大きな亀裂(陥没)が発生しました。
現在は土嚢で一部を補強?していますが、関係者からは「大きな雨が降ったら法面の下まで崩れるのでは・・・」と心配の声が上がっています。
スポンサーサイト

町立キャンプ場(一時閉鎖中)

DSC00493 (640x360)
        ※子供たちの声もなくひっそりとした町立キャンプ場(大沢)     

DSC00490 (640x360)     
「注意! 熊出没」の注意書きは、キャンプ場入口と大沢集落の掲示板にありますが、なぜか27年9月(去年)のもの。(写真下)

7月10日に、大字大沢集落周辺でツキノワグマの目撃情報があり、近くにある町立キャンプ場は一時閉鎖ということで使えない状態が続いています。
役場担当課によると、「一時閉鎖(期間)については、『安全が確保されるまで』となっているが、何をもって『安全が確保された』というか、たいへん難しい。」「今のところ、再開の目途はありません。今シーズン終了日(8月31日)まで再開できない可能性もあります」「夏休みに入り、多くの予約も入っていたのに残念です」と言っています。

御所ヶ池に油が

3時半頃1 (800x450)

6時頃1 (800x450)

6時頃6(800x450) (640x360)

27日の午後、桜井3丁目の御所ヶ池(トッパンフォームズの南側)のところを通りかかった方が、池面に油のようなものが浮いているのを発見し直ちに町役場に連絡。(写真上)
役場環境課が調べたところ「油」と確認し、とりあえず、池南東の排水溝に簡易?油吸着マットの設置となった。(写真下)
油がどこから流入したのか、担当者は「昨日の雨で名神から流れてきたことも考えられるが、まだわかりません」という。
夕方になって油は排水溝の方に流れています。小さな座布団を4つ並べたような油吸着マットは溝の半分もカバーできていません。
田や畑に使わないように徹底するとともに、原因(流入源)の究明と対策が急がれます。

二中のテニスコート

DSC00413 (640x360)

DSC00415 (640x360)


DSC00416 (640x360)


二中のテニスコートは学校の施設ですが、学校のテニスクラブが使うほか、一般にも有料で貸し出しされている。
老朽化が激しく、コート面には5、6カ所のつぎはぎがあり、そのコート面がまたまた剥がれ靴をひっかけ転倒することも。
ネットはこれ以上補修ができないほどのボロボロ。
安全のために、スポーツ施設には欠かせない水道も閉栓のままで使えない。
以前は設置されていたトイレも老朽化で撤去した後は、設置しない。
関係者、利用者から何度も改善の要望が出ている。
役場からは「お金がない」の返答。この状態をいつまで放置しておくのか。

ポストコーンが・・・

DSC00411 (640x349)

写真は桜井三丁目のトッパンフォームズ南西角にあるポストコーンです。
いたずらでしょうか、車がぶつかったのでしょうか3本が破損しています。

JR島本駅前のハナミズキが枯れて

DSC00402 (640x348)

JR島本駅東側ロータリー(楠公公園側)歩道にあるハナミズキの2本が枯れています。
どうして枯れたのかわかりませんが、毎年、きれいな花を咲かせてくれていただけに残念です。
枯れてから半年くらいになりますが放置されたままです。

粉塵と騒音と振動

DSC00364 (640x360)

学校法人青凌高校(中学校)の建設が予定されている若山台の元サントリー研究所の解体工事が始まりました。
連日、大型機械による解体工事と大型トラックによる廃材等の搬出が行われています。
周辺住民には工事施工業者による「住民説明会」が行われましたが、粉塵や振動、騒音などについて心配の声が出されています。
写真は、同所の北側(二小側)の壁に取り付けられた騒音・振動の表示板です。
プロフィール

shiamotokakusan

Author:shiamotokakusan
大阪府の端っこ、島本町の「今」を発信します。

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR