しまもと桜情報Ⅳ 若山台の桜

DSC01239 (640x360)

少し山手の若山台住宅でも桜が咲き初めました。
木によって咲く時期が1週間くらいずれるようです。
この桜はもうすぐ満開という感じでした。
スポンサーサイト

若山台住宅の樹木伐採…なぜ?

DSC01237 (640x360)

若山台の第三住宅では、写真のように棟と棟の間の多くの樹木が伐採されています。その数は数十本になるでしょう。
なぜ、こんなに伐採したの?と住民の方に聞いてみると、「『木の根っこが歩道の方に伸びてアスファルトを持ち上げて破損させるから』と聞いています」ということでした。
ただ、住民の中には「樹木を残してほしい」という声もあり賛否両論だったそうです。
「管理委託会社が変わり、その会社の意向が働いたのでは」という話もあります。

大沢の春 91歳の春

DSC01224 (640x342)

山間部集落の大沢で70年以上もシイタケ栽培をつづけられてきた新矢繁次郎(しんやしげじろう)さん(91歳)の作業場では今年も原木の水漬け作業が始まりました。
「歳やし跡継ぐもんもおらへんし、もうそろそろやめよかと思っとる」「近ごろは原木栽培がどんどん減って菌床栽培になってしもうた。原木のもんは味が全然違うんやけどなあ…」と言いながら黙々と作業に精を出されていました。

しまもと桜情報Ⅲ 若山神社の桜まつり

img_0_m.jpg

毎年開催されている若山神社の「桜まつり」、今年は4月3日(日)です。(雨天中止)
神社境内からは木津、宇治、桂の三川合流点、その向こうには八幡市の男山が眺めることができます。
まつり当日はライブもおこなわれ露店も出ます。
【スケジュール】
鎮花祭が10時~ 
奉納ライブ10時30分〜16時

しまもと桜情報Ⅱ ふれあいセンターの桜

DSC01201 (640x360)

DSC01198 (640x360)

島本町でもソメイヨシノがちらほら咲いてきました。ここ、ふれあいセンターの桜の小径でも提灯が取り付けられました。
ここには、いろいろな種類がありますが、一番最初に咲くのは「八重紅枝垂」(ヤエベニシダレ)というピンク色の小さな花を咲かせる品種です。
明治時代の仙台市長であった遠藤康冶氏が普及に努めたことから、「遠藤桜」「仙台八重枝垂」「仙台小桜」「平安紅枝垂」とも呼ばれ、1895年に平安神宮に150本を献上したことが知られています。

魚がいなくなった池

DSC01178 (640x360)

写真は桜井3丁目、トッパンfホームズ工場南側にある御所ヶ池です。
このところの暖かさで、カモに代わってカメさんが甲羅干しをしています。
以前は、コイやライギョ、ブルーギルなどの外来種も含めいろいろな魚がいましたが、ここ数年はまったく姿を見なくなりました。
大げさですが、ここでも自然がまた一つ壊されてしまいました。

大型車が通る橋

DSC02374 (640x360)

写真は東大寺の第二幼稚園前の水無瀬川に架かる指手橋で、少し前から橋の修復工事がされていました。
この橋はサントリー山崎蒸留所へ往来するタンクローリーなどの大型車と対岸の土砂作業場へ出入りする大型ダンプカーもよく通ります。
年間でどれくらいの大型車が通行するのかわかりませんが、道路や橋梁への負担は相当なものと考えられます。

高槻・島本〝戦争いややねん!市民ウォーク〟

超党派の戦争させない!高槻島本実行委員会主催の「戦争いややねん!市民ウォーク〟には350人、JR高槻駅北街頭演説は600人の参加で、大いに市民にアピールしました。

DSCF8065 (640x480)

DSCF8002 (640x480)

この行動には島本からも5人の町会議員(下の写真左から河野、佐藤、平野、戸田、外村の町会議員)と多くの町民の方が参加されました。
参加者一同は、高槻での集会、パレードの後、島本まで戻って阪急水無瀬駅前で安保法制(戦争法)廃止を求める署名行動をしました。(写真その下)
IMG_6344 (1024x576) (640x360)

IMG_6401 (1024x576) (640x360)

大沢キャンプ場復旧すすむ

DSC01144 (640x360)

昨年7月の台風による大雨で斜面の土砂崩れの被害を受けた大沢の町立キャンプ場ですが、7月の開設をめざして修復が進められてきました。
このキャンプ場は樹木も多く全体が斜面になっていて、子供たちにとっては〝おもしろく〟遊べるようですが、大雨には少し弱い(地元の人の話)形状と言われています。

しまもと桜情報Ⅰ 百山の桜 今年も観られそう

DSC01171 (640x360)

昨年、百山のテニス場閉鎖に伴い伐採されそうになった大きな桜ですが、多くの住民から、「切らないで」の声が土地所有者の関電と町役場に寄せられて辛くも切られずに残りました。
跡地には住宅建設の話が出ていますが、今のところ更地の状態で桜もそのまま残っています。
開花まではあと半月、つぼみも少し膨らんできて今年も見事な咲きっぷりを観せてくれそうです。
ただ、残念なことですが今年が見納めの年になるかもしれません。
プロフィール

shiamotokakusan

Author:shiamotokakusan
大阪府の端っこ、島本町の「今」を発信します。

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR