色づく

DSC01965.jpg

槇(正式名=イヌマキ)の実が色づいてきました。
子供の頃に、よく食べたことを思い出します。
花床といわれる部分が黄色から赤くなり、少し赤黒くなると食べごろです。
ジャムや果実酒も作れるということです。
上の緑色の部分(種子)は、毒成分を含み食べられません。

槇熟れて 鳥さわがしや 今朝の庭
スポンサーサイト

DSC01956.jpg

毎朝、裏の雑木林のセミの鳴き声に起こされています。
背丈ほどの木にたくさんの蝉がいたので数えてみましたが、その数の多さに途中でやめました。
全てがクマゼミでした。今年はアブラゼミが少ないようです。

お願い

DSC01954.jpg

「しまもとトピックス」をご覧いただきありがとうございます。
まだまだヨチヨチ歩きですが、島本のいろいろを発信していきたいと思っています。
そこで、みなさまにお願いです。
記事への「拍手」と「コメントを」いただきたいのです。
メールアドレスやURLは空白で、お名前も本名でなくてもOKです。
よろしく願いいたします。

爪跡

DSC01940.jpg

去年9月の台風18号による洪水被害を受けた桂川河川敷(江川)の野球グランドです。
あれからもうすぐ一年ですが、二つあるグランドともこのような状態です。
いつになったら使えるようになるのでしょうか。

夏風景1

DSCN4493.jpg

ツタに覆われた家屋を見かけました(広瀬1丁目)。秋になると紅葉します。
「ツタ(つた)」の名称は、側のものに「つたって」伸びる性質から名づけられたといいます。
「家紋としての蔦紋(つたもん)は、着生する習性から付き従うことに転じて、女紋として用いられることがあり、 蔦が絡んで茂るさまが馴染み客と一生、離れないことにかけて芸妓や娼婦などが用いた」(Wikipediaより)と言われています。

水無瀬川

DSCN4504.jpg

暑中お見舞い申し上げます。
猛暑つづきで水無瀬川もJR線路より川下側は完全に干上がっていて、文字通り水無し瀬の状態です。
ここら辺りは、JR線路より川上側に比べて川幅が狭い上、一昨年、昨年の豪雨によってかなりの土砂が堆積しています。
大阪府茨木土木事務所によると、時間雨量80mm(現在は50mm)にも対応できるように洪水対策の検討を始めているということです。

一枚の看板

DSCN4502_20140723220330942.jpg

写真に写る水路を境にして左側が山城國(現京都府乙訓郡大山崎町)で右側が攝津國(現大阪府三島郡島本町)です。
色鮮やかな看板は、大山崎町が最近立てたものです。
歴史を売り物にした町づくりに力を入れている大山崎町の意気込みを感じさせます。
さて、わが町、島本町は何を売り物にするのか?

傷んだ府道

DSC01855 (640x480)

写真は府道を青葉から桜井5丁目(高槻市神内)方面へ抜けるのJRのトンネルです。
路面がえぐられたようになっていて相当傷んでいます。
先般行われた大阪府茨木土木事務所による府道点検の際、宮原たけし府会議員と党町会議員団が改修を要請しました。

今回もつぎ当て?

DSCN4492.jpg

写真は2中のテニスコートです。コート面の一部が剥がれています。
8月につぎ当て的な補修(写真の色違い部分のように)がされる予定です。
役場は「老朽化が激しく全面改修が必要なんですが、お金が無くて・・・」といっています。
補修したところはボールのバウンドが変わるそうです。

見通しゼロの道

DSCN4520.jpg

DSCN4518.jpg 

写真は、桜井4丁目(上)と5丁目(下)の境の八幡川に架かる町道です。
両側が坂になっているため、向こう側が見通せません。
これまでにも、何度か車両事故が発生しているところです。
「向こう側が見えるようにカーブミラーの設置を」の声が上がっています。


プロフィール

shiamotokakusan

Author:shiamotokakusan
大阪府の端っこ、島本町の「今」を発信します。

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR