御所ヶ池にアオコ大発生

DSC03358 (640x360)

桜井3丁目の御所ケ池(トッパンフォームズ事業所南側)に今年も大量のアオコが発生しました。
ネット(ウィキペディア)には次のような記述がありました
「アオコ(青粉)とは、富栄養化が進んだ湖沼等において微細藻類(主に浮遊性藍藻)が大発生し水面を覆い尽くすほどになった状態、およびその藻類を指す。粒子状の藻体がただよって水面に青緑色の粉をまいたように見えることから、「青粉(あおこ)」と呼ばれるようになったと考えられる。アオコ(青粉)は、湖沼等の富栄養化が進んで微細藻類(主に浮遊性藍藻)が発生したもの。
アオコが発生すると様々な不都合が生じる。
人間社会においては、湖沼自体の利用障害となる(例えば鯉をはじめとする養魚、淡水漁業、近隣の生活環境、親水、観光産業など)ほか、取水源として利用する水道水の異臭・異味の原因となったり、さらには人や家畜への健康被害も懸念される。 また、湖沼周辺の生態系など自然環境を損なうおそれも高い。」
スポンサーサイト

高槻市上牧の産廃炉建設が中止に

高槻市上牧(高槻市梶原中村町)に建設が予定されていた産業廃棄物処理炉建設断念が事業者によって表明されました。
反対運動を続けてきた対策協議会から以下のような事実経過が発表されましたので紹介します。

<事実確認>
 昨日より都市クリエイト株式会社が焼却炉建設を断念した旨の情報が飛び交っておりました。本日、ことの真意を確認すべく私と村井事務局長の2人で高槻市を訪れ、副市長 石下誠造様に面会の機会を得以下のことを確認させて頂きました。石下副市長様にはお忙しい中、面会の機会を頂きましたことに感謝申し上げます。ありがとうございました。
 5月29日に都市クリエイト株式会社 会長様他1名の方が高槻市を訪問され、都市クリエイト株式会社 代表取締役社長 前田晋二様による5月29日付「梶原中村町640-1他に建設計画中の焼却発電設備は諸般の事情により建設を断念致しました。」旨の高槻市長様宛の書面を提出されました。
 
平成29年5月31日 
産廃焼却炉対策協議会 代表 上田 博夫

3小校舎の耐震工事始まる

DSC03033 (640x331)

町立第3小学校の耐震工事が始まりました。
工事されるのは南北の2棟の校舎です。
2棟を繋ぐ校舎は耐震工事ができないのでその分は改築されるということです。
なお、同校敷地内に保育所を併設する計画については、現在、白紙に戻り再検討されています。

山田紘平新町長が初登庁

山田町長初登庁1 (640x360)

4月16日投票の町長選挙で当選した山田紘平町長が21日、50人の町民と150人を超える職員の出迎えを受ける中、初登庁しました。
山田町長は「これから新しい島本町の時代に移っていくと思います。町民や職員の皆さんといっしょにこの町をつくっていくという私の思いもくんでいただいていると思いますので、よろしくお願いします」とあいさつしました。

またまたタイヤの投棄が

DSC02764 (640x360)

尺代の府道沿いの山間部に大量の古タイヤが投棄され、未だに処理されずに大きな問題になっていますが、今度は、若山台から尺代への町道沿いに10本の古タイヤが投棄されているのが発見されました。(写真)
タイヤは、レース用?に使ったと思われる幅広タイプが4本で、後の6本は軽自動車用のものでした。
通りかかった方から連絡があり、すでに町の担当課には連絡されています。
プロフィール

shiamotokakusan

Author:shiamotokakusan
大阪府の端っこ、島本町の「今」を発信します。

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR