FC2ブログ

高浜景色

DSC_0016.jpg

高浜地域の田んぼでは代掻きが行われて田植えの準備が始まっています。
住宅開発が進み、町内の山崎・広瀬・桜井・高浜地域の田畑も年々減り続けて、農業従事者の減少、高齢化も進んでいます。
農家の人から「米価は安いわりに、機械代など高くつく。いつまで続けられるかわからない」・・・こんな声が。
スポンサーサイト

御所ケ池、今年こそ甦るか!

DSC_0021.jpg

写真は桜井3丁目にある御所ケ池の現在(5月8日)の様子です。
4月末に、池のあちこちに現れたヒシが、ここ10日間くらいで池全体に徐々に広がってきています。
まだ茎も細く葉も小さいですが、このままいけば、5月末ごろには池面全体にヒシが覆うようになるかもしれません。
元々、この池は、この季節になると池面が見えないほど、ヒシがびっしり覆ってウシガエル絶好の住処になっていた。
それが、2016年に、池全体に油が流れ込むという事件?があり(当時、町役場は「調査したが原因が突き止められなかった」と言っていた)、それ以降、ヒシがまったく植生しなく、ウシガエルの声も聞こえなくなっってしまった。
それだけでなく、毎年、水温が上がる季節になると大量のアオコが発生するようになった。
やっと、昨年あたりから徐々に回復してきた。回復と言っても、昨年もヒシが大きくなる前に枯れて(腐って)しまい、池全体に広がることはなかった。
今年こそ、池面をびっしりとヒシが覆い、ウシガエルのうるさすぎるほどの合唱が聞けるだろうか。
※この写真と記事は、近くに住むYさんからの投稿です。

楠公公園の鳩

DSC_0073_201905030912342bc.jpg

楠公公園の鳩のフン害に困っているとの声を聞きました。
いくつかあるベンチにフンを落とすのです。
ここに鳩が集まるのは、鳩が餌をもらったことを覚えていて、人が来ると「餌をもらえる」と思うからだそうです。
近所の人によると、夕方になると餌をやりに来る人がいるそうです。
人に害を加えないかわいい鳩ですが、増えすぎるとフン害が問題になります。

新緑の若山神社

DSC00157.jpg

紅葉の季節の若山神社もいいですが、新緑のこの季節のモミジもきれいです。
昨年の台風では参道脇の大きな樹木も大きな被害を受けました。
幸い、神社の建物や境内の東側のモミジは大きな被害はありませんでした。
紅葉のころに比べて、この季節、訪れる人も少なくのんびりと境内の散策ができます。

島本駅のツバメ

DSC00168.jpg

JR島本駅には、今年もツバメがやってきて巣を作っています。
見ているとかわいいのですが、巣作りの泥やフンを落とすので少し困ったものです。
今年は、駅舎の西側に五つ、東側に一つの合計六つの巣を作っています。
駅舎清掃の方が巣の下に段ボール箱などを置いて被害対策?をされています。

危ない段差 早速、補修される

DSC00121.jpg

DSC00169.jpg

 桜井村踏切を渡り、体育館の手前からふれあいセンターへ向かう町道。中谷川に架かる橋(第四保育所裏)の手前のところの段差(写真上)について「自転車のハンドルら取られそうになった。たいへん危ない。補修を」の声を聞きました。
 町担当課に現地確認をお願いしたところ、早速、補修(写真下)されました。ありがとうございました。

二中のテニスコート 改修終了

DSC00046_201903292203472f8_201904022000499a0.jpg

第二中学校のテニスコートの全面改修が終わり、この4月から使用できるようになりました。
新しいサーフェースは砂入り人工芝です。
5、6年前からコート面の痛みが激しく、「つぎはぎ」補修を繰り返して使用されてきました。
学校関係者や一般のテニス愛好家から全面補修の要望が出されていたものです。
ここのコートは教育(同中学校)の施設として同校がクラブ活動に使用する外、一般利用者にも貸し出しされています。
貸し出しについての詳しいことは体育館(962-1331)へお問い合わせを。

御所ケ池の春模様

DSC00052_201903262150537f8.jpg

DSC00053.jpg

水面にぷかぷか浮いているカメ。桜井3丁目の御所ケ池も春模様。
この冬の御所ケ池にちょっとした異変?が。
毎年、カモだけだった池に、今年はずーと鵜とカイツブリが常駐しているのです。
写真の左が鵜で真ん中の2羽がカモで右がカイツブリで、仲良く泳いでいます。

島本町最北の橋?

DSC00047_2019031722081551e.jpg

DSC00045.jpg

写真は島本町最北の集落大沢の中を流れる善峰川に架かる「渓之音橋」(たきのおとはし)です。
集落から町道一号線を北方向の山に入っていくところにあります。
現在の橋は「昭和四拾年参月」竣工のコンクリート製(上の鉄製の欄干は後になって付けられた)ですが、それ以前は木の橋だったそうです。
因みに、この善峰川は下流で水無瀬川に合流しています。
この道の奥(上流)にも橋はあるのですが、名前は付いていません。よって、これが島本町「最北の橋」ということでしょうか。
橋に立つと、年中涸れることがない渓流の音が聞こえてきます。
もうすぐウグイスのさえずりも始まり、大沢にも春がやってきます。

2017年の町長選挙についての報道について

2017年の島本町長選挙に際して、町職員の特定候補者への情報提供についての読売新聞の報道(3月2日付)と島本町のコメント(HPより)は以下の通りです。
※クリックするとそれぞれのページにリンクします。

読売新聞の報道

島本町のコメント
プロフィール

shiamotokakusan

Author:shiamotokakusan
大阪府の端っこ、島本町の「今」を発信します。

リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR