名神の老朽化

DSC03333 (640x360)

写真は、東大寺4丁目の第2小学校北東の名神高速道路の側壁で、ひび割れが目立ちます。
名神が開通したのは1963年(昭和38年)、既に築50年が経過し相当な老朽化が進んでいます。
ここから水無瀬川を越えた国土交通省管轄の「緊急土砂置き場」に、新名神の(高槻市)梶原―成合間のトンネル工事残土の搬入ルートを設定する「計画」があります。
スポンサーサイト

御所ヶ池にアオコ大発生

DSC03358 (640x360)

桜井3丁目の御所ケ池(トッパンフォームズ事業所南側)に今年も大量のアオコが発生しました。
ネット(ウィキペディア)には次のような記述がありました
「アオコ(青粉)とは、富栄養化が進んだ湖沼等において微細藻類(主に浮遊性藍藻)が大発生し水面を覆い尽くすほどになった状態、およびその藻類を指す。粒子状の藻体がただよって水面に青緑色の粉をまいたように見えることから、「青粉(あおこ)」と呼ばれるようになったと考えられる。アオコ(青粉)は、湖沼等の富栄養化が進んで微細藻類(主に浮遊性藍藻)が発生したもの。
アオコが発生すると様々な不都合が生じる。
人間社会においては、湖沼自体の利用障害となる(例えば鯉をはじめとする養魚、淡水漁業、近隣の生活環境、親水、観光産業など)ほか、取水源として利用する水道水の異臭・異味の原因となったり、さらには人や家畜への健康被害も懸念される。 また、湖沼周辺の生態系など自然環境を損なうおそれも高い。」

猛暑の中のカモ

DSC03353 (640x360)

7月14日、最高気温が30度を超えるのに桜井3丁目の御所ヶ池に二羽のカモが。
去年は最後に見かけたのが5月29日で、これでも例年よりだいぶ遅かったのに。
カモは冬鳥。例年なら、初霜の11月頃に飛来し、桜の咲く4月頃に飛び去って行く。
ところが、ここ数年前から去来時期が大きくずれています。
自然環境の異変ではなかったらいいのですが。

こんにちは!

DSC03312 (640x360)
江川の府営住宅敷地内の道路で見つけました。
たまたまこのようなデザインになったのか、それとも、取り外す時のことを考えてこのような形になったのか。
どちらにしても、楽しいデザインです。

歩道の段差修復(桜井台)されました

DSC00019 (640x360)

DSC03309 (640x360)

写真は桜井台からふれあいセンター南側(桜井3丁目)への町道で、名神ガードの桜井台側入口の歩道です。
コンクリートの一部が剥がれて数センチの段差(写真上)ができていました。
「段差でつまづいて転びそうになった」の声があり、住民から連絡を受けた役場の担当課が、すぐに現地を確認をして補修工事を行いました。(写真下)

共謀罪法案強行採決許さない!行動

o0960054013958749328.jpg

共謀罪法案について、自民・公明・維新は、委員会審議を打ち切り、参院本会議で中間報告をして、すぐ採決という、国会運営のルールを無視した暴挙にでています。
このような緊迫した国会情勢に呼応して、14日の夕方、「戦争させない!高槻・島本実行委員会の島本メンバー10数人が水無瀬駅前で、共謀罪の強行採決反対行動を行いました。
国会前や全国で大きな抗議と廃案を求める行動が行われています。国会内では、民進・共産・社民・自由・沖縄の風の各党は共同で、徹底審議を強く求めて、審議打ち切り、採決強行の暴挙に反対し、あくまでも廃案をめざして頑張っています。
「審議をすればするほど、「テロ対策にはならない」「一般市民も対象になる」「内心の自由が侵害され、監視社会になる危険性」が明らかになっています。政治を動かすのは私たち一人一人です。「監視社会反対!法案は廃案に!」「民主的な国会運営を!」の声を上げ続けましょう。」(実行委員会の訴えより)

ユリ満開=青葉ハイツ

DSC03294 (640x360)
写真は青葉ハイツの西側、JR線沿い花壇のユリです。
同団地のみなさんの世話で、色とりどりのユリが見事に咲いています。

高槻市上牧の産廃炉建設が中止に

高槻市上牧(高槻市梶原中村町)に建設が予定されていた産業廃棄物処理炉建設断念が事業者によって表明されました。
反対運動を続けてきた対策協議会から以下のような事実経過が発表されましたので紹介します。

<事実確認>
 昨日より都市クリエイト株式会社が焼却炉建設を断念した旨の情報が飛び交っておりました。本日、ことの真意を確認すべく私と村井事務局長の2人で高槻市を訪れ、副市長 石下誠造様に面会の機会を得以下のことを確認させて頂きました。石下副市長様にはお忙しい中、面会の機会を頂きましたことに感謝申し上げます。ありがとうございました。
 5月29日に都市クリエイト株式会社 会長様他1名の方が高槻市を訪問され、都市クリエイト株式会社 代表取締役社長 前田晋二様による5月29日付「梶原中村町640-1他に建設計画中の焼却発電設備は諸般の事情により建設を断念致しました。」旨の高槻市長様宛の書面を提出されました。
 
平成29年5月31日 
産廃焼却炉対策協議会 代表 上田 博夫

土砂崩れ柵の腐食

DSC03286 (640x360)

DSC03278 (640x360)

DSC03280 (640x360)


ここは、若山台団地から砂防ダム→竹藪→大字東大寺に抜ける道です。
写真の手前が若山台側で右側に水無瀬川、通り抜けると右手にすぐ谷川橋があります。
左側に土砂崩れ止(柵)がありますが、鉄骨の腐食(空洞化)が何ヶ所も見られます。
これでは土砂崩れが起きたときに、その役目を果たせず、柵もろともということになりかねません。
早急な対応が望まれます。

旧関電グランド跡工事で道路が破損

DSC03220 (640x360)

DSC03218 (640x360)

旧関電グランド跡住宅建設現場東側(JR線横の桜並木)の道路が数カ所、大きく破損しています。
この道路は、JR島本駅を利用する人や体育館、町役場へ行く人が多く通行する町道です。
役場担当課には、早急に破損原因者を特定し修復をさせること、そして、今後の指導が求められます。
プロフィール

shiamotokakusan

Author:shiamotokakusan
大阪府の端っこ、島本町の「今」を発信します。

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR